Pionyr Praha Works

Pionyr Praha

トイカメラ”ピオニール”で撮ったプラハの写真・・・”ピオニール”小史を付けて。

トラム車内。夫婦喧嘩する真ん中で女の子が黙って風船を突っついていた。

 

ヴルタヴァ川夕暮れ。

 

マサリク駅。

 

猛禽類保護活動家。

 

フランク・ゲーリー設計ダンシングビル。(プラハに行くたびにこのビルを撮影しているが、初期に撮ったこの写真が気に入っている。)

 

1968年に起きたチェコスロバキア変革運動「プラハの春」がソ連軍軍事介入によって弾圧されたとき、ここで抗議の焼身自殺をしたヤン・パラフとヤン・ザイーツの記念碑。−−−画面中央の光線漏れはヤン・パラフとヤン・ザイーツの霊だと思っている。

 

チェルトフカ(悪魔の水路)

 

佇む男、ルドルフィヌム前交差点。

 

突然の雨。

 

エンジェル駅。プラハ・エンジェル、ジャン・ヌーヴェル設計。

 

カレル橋上で子どもと眼が合ってしまった。

 

カレル橋夕暮れ。

 

プラハ城の裏道(クラーロヴスカー・オボラ)を行くカップル。

 

嫉妬、あるいはシャドー・ファイト。

 

 

コヴァジョヴィッチ邸、ヨゼフ・ホホル設計。

 

 

小地区広場(マロストランスケー・ナームニェスティ)多重露光。

 

聖ヴィート教会の尖塔から。

 

聖マルティンのロトゥンダ(円柱礼拝堂)際を歩く修道者。

 

 

 

 

”ピオニール”の歴史。Fit~Fit IIーPionyr~Pionyr II

1946年チェコスロバキアでFitという(フランスの)Photaxのコピー・カメラが発売される。Phototaxは6X9判だが、Fitは6X6あるいは6X4.5判だった。

FITの横幅を縮めたデザインのPionyrピオニールが発売される。

初期のピオニールにはDUFAという会社名がエンボスされているが、DUFAはカメラメーカーではなく、ベークライトの会社。

1950年からカメラ・メーカーDRUOPTAがPIONYRを製造。DUFAという刻銘そのまま。

1957年よりPionyr II生産。

基本的な色は焦げ茶(黒)だが、数は少ないが赤茶、緑がある。